依頼の流れ|オーダーシャツやTシャツ作成をする際に役立つ情報を提供します

依頼の流れ

服

相談しましょう

オーダーシャツを購入する際には、まずは相談を行うことが必要となってくるものです。シャツに関する知識があまりないような場合でも、相談を行うことで希望に近いシャツを検討することが出来るでしょう。

生地やパーツを選ぶ

店舗でオーダーシャツの生地を選ぶ際には、実物を見ながら検討することとなります。おおまかにはビジネスシーンで使用するのか、普段着として使用したいのかによって生地を選択するような事もできるでしょう。そのため使用するシーンを明確にしておく事が重要となります。

採寸を行う

生地や細かいパーツについて決定することが出来ましたら、採寸を行っていきましょう。採寸する時にはタイトなシャツにしたいのか、ゆったりと着こなしたいのかを伝えることも重要となってきます。またパンツの中にインして使用するのかといった事も検討しましょう。

採寸する方法

首回りの計測

襟が首に触れる部分を計測していきます。首回りのサイズを決定していく際には、指が2本ほど入るくらいのゆとりを持たせることが一般的となります。首回りをゆったりさせたいと考えている場合には、そのように伝えてください。

肩幅の計測

もしも、オーダーシャツをタイトな作りにしたいと考えているのであれば、肩幅をきちんと計測する必要があるでしょう。肩幅をジャストサイズに制作することですっきりさせる事ができ、動きやすくなるのです。

着丈の計測

シャツの全体の丈を決めていくために、着丈を計測することとなります。着丈は、襟の下からお尻の下部までがその範囲となるでしょう。パンツから出して使用する場合には、着丈が短めに作成される事となるでしょう。

バストの計測

バストは、胸の一番高い部分を計測していく事となります。バストの計測は比較的簡単なものとなっていますが、背中側にたるみが発生しないように注意する必要があるでしょう。

ウエストの計測

ウエストを計測する際には、おなかが一番出ている部分を計測する事となります。ウエストは、少し余裕を持って計測しておくことが望ましいでしょう。そのため、計測する際には締め付けないようにしましょう。

オーダーシャツの依頼を行う際に

オーダーシャツを初めて購入するような方は、オーダーシャツを制作する流れについてきちんと把握しておくようにしましょう。オーダーシャツは決定することが多くありますから、事前に情報を集めておく事が重要となるのです。希望通りのシャツを作るためにも、よく相談することも重要となりますよ。

広告募集中